遊休農地・耕作放棄地を活用、地域の活性化をめざして

農地を所有する農家が、農業従事者の高齢化による離農の増加や少子化による後継者不足、農業の採算性の難しさなどで、その数は年々減り続けていて、後継者不在のまま離農した農家の農地や農業従事者ではない子供が相続した農地などが、遊休農地(耕作が行われない農地)となり、その増加が問題になっています。

農地へのさまざまな規制があり、遊休農地の活用方法も制限されてはいますが、政府の農業改革への取り組みや遊休農地対策により、遊休農地活用のための選択肢は少しずつですが増えています。

ファーマーズマーケットができること

遊休・耕作放置農地解消

農地所有者、地方自治体関係各署の協力のもと、遊休農地や耕作放棄農地を有効活用いたします。

農業技術の近代化

新しいテクノロジーを活用した『オーガテック農法』の実践により、生産管理や収穫回転数を上げることで、経営規模の拡大と労働生産性の向上、生産量の最大化を図ります。

農業従事者の育成

将来の希望が持てる農業を実践することで、近代的農業経営の担い手にふさわしい農業従事者の確保と育成に積極的に取り組んでいきます。

農場の完成までの流れ

                

地域の方へ

空き農地の有効活用 障がい者生産野菜の提携販売 ファーマーズマーケットの水耕栽培野菜 独自の農法 収穫祭

お問い合わせ・ご相談はこちら

土地活用に関するご相談。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

phone03-3255-0797

受付時間:月~金曜 10:00~18:00(祝祭日除く)